top of page

超音波専門外来

≪水曜日完全予約制≫

VolusonE10.jpg

超音波外来では、胎児の出生前診断が可能です。

当院での超音波外来は、胎児の超音波診断における第一人者である埼玉医科大学産婦人科 亀井良政教授が担当されます。

妊娠初期にみられる胎児の首のうしろのむくみやその他の異常は、当院の一般外来でも常にチェックしておりますが、胎児の心臓の異常などさらに高度な技術を必要とする診断は、超音波外来において可能であるため、当院で分娩される場合は全員、超音波外来にてチェックを行い、安心して分娩に臨むことができます。

また、超音波外来にて染色体異常が疑われた場合は、さらに遺伝相談や羊水染色体検査も当院にて行うことができます。

(ただし、NIPTについては当院ではできませんので他院にてご相談ください。)​

顔写真 亀井.jpg

​亀井 良政

埼玉医科大学病院 産婦人科教授

Education

昭和60年

昭和60~平成10年

平成11~平成14年

平成14~25年

平成25年~

東京大学医学部医学科​ 卒業

東京大学医学部附属病院、愛育病院、国立霞ヶ浦病院、長野赤十字病院産科婦人科、東京大学医学部附属病院産科婦人科助手、東京都老人総合研究所神経生理部門主任研究員、東京大学医学部附属病院産科婦人科助手

ケースウエスタンリザーブ大学医学部神経科学部門主任研究員(アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド)

社会保険中央総合病院産科婦人科医員、

東京大学医学部附属病院周産母子診療部助手、

女性診療科・産科講師/病棟医長

埼玉医科大学病院産婦人科教授、成育医療センター長併任
埼玉医科大学病院院長補佐併任 現在に至る

​資格

日本産婦人科学会 専門医/指導医
日本超音波医学会 超音波専門医/指導医
臨床遺伝専門医制度専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医/指導医

bottom of page